fisco_logo


2016年06月
-- -- -- 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 -- --
前月 今月




対応ブラウザ
  ・Internet Explorer 5.50
    (SP2適用済み)以上
  ・Netscape Navigator 4.75以上

*eワラント、ニアピンeワラント及びトラッカーeワラントの投資にあたっては、
こちらの手数料及びリスクに関する説明を必ずお読みください。

トヨタ自 <7203> コール 5000円割れで短期的な自律反発の展開へ
ソニー <6758> コール 雲の切り上がりに沿ったリバウンド
三井住友 <8316> プット 戻り売りスタンスに
NY市場オープニング 6月29日 18:29
      NY株、英国問題9月まで小康状態入りで落ち着きも
S&P500先物 2034.75(+6.25) (17:55現在)
ナスダック100先物 4296.25(+15.25) (17:55現在)

グローベックスは上昇
EU離脱交渉の行方
欧州は全般買い先行

17:55時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は堅調に推移している。

28日のNY市場は上昇。英国の欧州連合(EU)離脱による懸念が一服し、欧州株が全面高となった流れを受けて、米株式市場は買いが先行。原油相場の上昇に加えて1-3月期GDP確定値が上方修正されたことなども材料視された。ダウ平均は269.48ドル高の17409.72、ナスダックは97.42ポイント高の4691.87。

グローベックスの米株先物は堅調に推移しており、NYダウでは60ドル高程度を織り込んで推移している。また、欧州市場は軒並み上昇しており、ユーロストックで1.7%程度、独DAXで1.3%、英FTSEで2.0%と買いが先行している。目先は欧米市場の動向を睨みながらの相場展開になろうが、英国のEUからの離脱交渉が9月以降に先送りされることが固まったと報じられている。

EU首脳会議で合意と伝えられるなか、欧州警戒が長期化するとの懸念はあろうが、一先ず9月までは小康状態に入りそうだ。落ち着きがみられてくることから、自律反発の流れが続く展開が期待される。また、経済指標では個人所得(5月)、個人消費支出(5月)、個人消費支出(PCE)価格コア指数(5月)、中古住宅販売成約指数(5月)、MBA住宅ローン申請指数(先週)などが予定されている。
トップへ戻る


今週の特選銘柄
鉄建 <1815> コール 12回 大型補正予算の話が浮上
   チャート: http://svc.qri.jp/services/ewarrant/chart.jsp?code=K160013N
コロプラ <3668> コール 10回 増収増益見通しの内需株として
   チャート: http://svc.qri.jp/services/ewarrant/chart.jsp?code=H160085U
アステラス薬 <4503> コール 31回 中期的には下落トレンドの転換に期待
   チャート: http://svc.qri.jp/services/ewarrant/chart.jsp?code=K160038X
トップへ戻る

(C) FISCO Ltd. All rights reserved.
本資料は、株式会社フィスコがeワラント証券株式会社の依頼のもとに、対価を受けて掲載しております。また、本資料はフィスコ社独自の調査・判断に基づくものであり、eワラント証券による投資情報ではありません。eワラント証券は本資料の正確性、完全性について一切の責任を負うものではなく、また、本資料の情報及び本サイトに基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。株式会社フィスコが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。また、掲載される情報はフィスコが信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性または適時性について、フィスコは保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。なお、フィスコは売買を目的とする有価証券の運用は行なっておりません。本文、データなどに関しましては、著作権法などの法律、規制により知的所有権が保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません。(法律による例外規定は除く)。以上の点をご了承の上、ご利用ください。