fisco_logo


2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 -- -- -- --
前月 今月




対応ブラウザ
  ・Internet Explorer 5.50
    (SP2適用済み)以上
  ・Netscape Navigator 4.75以上

*eワラント、ニアピンeワラント及びトラッカーeワラントの投資にあたっては、
こちらの手数料及びリスクに関する説明を必ずお読みください。

安川電 <6506> コール 17年3月期の業績予想を上方修正
日本電産 <6594> コール 15年8月高値の11415円処を意識
富士フイルム <4901> コール いったんは自律反発が意識されやすい
本日のフィスコの目! 1月24日 8:37
      今日はコレに注目! : 安川電 17年3月期の業績予想を上方修正
安川電 (6506) コール

強いトレンドが継続しており、昨年7月以降、上昇する13週線を支持線としたトレンドを形成している。また、制御装置などのモーションコントロールや産業用ロボットが予想よりも堅調に推移しているため、17年3月期の業績予想を上方修正している。昨日は決算を控え引けにかけて利食いに押されていたこともあり、押し目買い意欲の強さを見極めたいところ。


チャート: https://www.ewarrant.co.jp/search/?q.prdPricingModel=OPT&q.undQuickCode=6506
トップへ戻る


      マクロ経済動向 : 円高が重しになりそう
 24日の日本株市場はこう着感の強い相場展開になりそうだ。23日の米国市場では、新政権によす政策への先行き懸念から軟調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比25円安の18895円、円相場は1ドル112円60銭辺りと円高に振れて推移している。
 日経平均は前日の大幅な下げに対する自律反発が意識されるが、円高が重しになりそうである。また、テクニカル面では週初にもシグナルが悪化する可能性はあったとはいえ、3ケタの下落であっさりとシグナルが悪化した。価格帯別出来高では商いが積み上がっていた19100-19300円処が上値抵抗として意識されていることもあり、節目の19000円割れで次第に戻り待ちの売り圧力が強まることになろう。18200-18400円処までは真空地帯であり、下へのバイアスが強まりやすい。
トップへ戻る


      投資テーマ : 決算のほか材料株での短期的な値幅取り狙い
 決算発表が本格化するなか、昨夕に発表した安川電<6506>は、通期予想を上方修正している。コンセンサスを若干上回っており、安心感につながりそうだ。本日は日本電産<6594>が予定されており、注目度が高まりそうである。その他、全般こう着の中では材料株での短期的な値幅取り狙いに向かいやすい面はある。なお、国内でビットコインを支払いに使える店舗は2017年中にも現在の約5倍の2万ヶ所まで増える見通しと報じられており、ビットコインやフィンテックなどの関連株の動向が注目されよう。
トップへ戻る


今週の特選銘柄
ミクシィ <2121> コール 25回 モンストの世界累計利用者数が4000万人を突破
   チャート: http://svc.qri.jp/services/ewarrant/chart.jsp?code=U160032N
サイバーダイン <7779> コール 6回 一部証券会社が目標株価を2200円まで引き上げ
   チャート: http://svc.qri.jp/services/ewarrant/chart.jsp?code=U160143U
三菱UFJ <8306> コール 253回 財務長官候補「ボルカー・ルールの緩和の意向も示す」
   チャート: http://svc.qri.jp/services/ewarrant/chart.jsp?code=Z160221J
トップへ戻る

(C) FISCO Ltd. All rights reserved.
本資料は、株式会社フィスコがeワラント証券株式会社の依頼のもとに、対価を受けて掲載しております。また、本資料はフィスコ社独自の調査・判断に基づくものであり、eワラント証券による投資情報ではありません。eワラント証券は本資料の正確性、完全性について一切の責任を負うものではなく、また、本資料の情報及び本サイトに基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。株式会社フィスコが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。また、掲載される情報はフィスコが信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性または適時性について、フィスコは保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。なお、フィスコは売買を目的とする有価証券の運用は行なっておりません。本文、データなどに関しましては、著作権法などの法律、規制により知的所有権が保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません。(法律による例外規定は除く)。以上の点をご了承の上、ご利用ください。